ズボンの上にお肉が乗っからないように!

批判を恐れないで言うのなら、ジーンズをはいていて腹の肉が円盤のようにはみだしているのがぽっちゃり境界線です。
ぽっちゃり女子も行き過ぎるとルーズに見えてしまいます。特にセルフコントロールが出来ないてなイメージが強いので、特にジーンズの上に肉が乗っかっている場合はさすがにぽっちゃり通り越して「太い」の領域になっていると思います。
痩せている事がすばらしい事とも思いませんし、ぽっちゃりしている女性は包容力がありそうでおおらかな雰囲気です。
でも自分のお肉を武器だと思いすぎて自己管理ができないとなると女性としての魅力が激減してしまいます。
デートでぽっちゃりなのを良い事にばくばくと食事やお菓子を食べる姿を見せられたらさすがに幻滅するかもしれません。実際知り合いでぽっちゃりな女性が「ぽっちゃり」ブームに乗っかってモリモリ食べ過ぎたせいで関取みたいな姿に変貌して、せっかくの彼氏に振られてしまうという事もありました。
ぽっちゃりは自己管理をした上でその体型であれば、見てくれる人はその良さを理解してくれるけれど、ブームに乗っかって自己管理をやめてしまうようなルーズな人にはやっぱり素敵な相手には見向きもされませんね。
すこし丸っとしたお腹周りだったら、ああ、可愛いなと思えるのですが、ジーンズ周りのお肉が歩くたびに羽ばたくような姿の「ぽっちゃり」は男性視点ではまったく美しくは見えません。
健康的なふくよかさがぽっちゃりの姿だと思います。決して関取お腹ではありませんね。

カテゴリー: as